デポルターレクラブがとどまることなく
進化しつづけられるその原動力は、
“300 CLUB”のクラブメンバーの
みなさまとの繋がり。

存在するなら進化しろ。
デポルターレクラブを
支えてくださるみなさまとともに
私たちは進化をつづけます。

出演依頼等に関する連絡先
relations@deportareclub.com

Taido Suzuki

宗教法⼈⽰現寺代表役員/
法華⼭⽰現寺住職/僧侶

Profile

1975年4⽉20⽇神奈川県出⾝。
⽴正⼤学仏教学部仏教学科卒業。
1987年在家から出家。命がけで仏道に邁進する⽗に憧れて弟⼦となる。 1998年⽇蓮宗僧籍取得。2008年先代住職遷化により住職に就任。 以降法務を熟しながら、年間400⼈以上の相談者の⼼の悩みやスポーツ選⼿の メンタルを昼夜問わずサポート。2014年瞑想と写経を取り⼊れた 「メンタルファシリテーション」を考案し、 東京都港区のコートヤードHIROO デポルターレヨガにて毎⽉実施。
その他、各種団体主催のセミナー講師など活躍の場を拡げている。
近著『魂問答』清原和博共著 光⽂社刊

back
鈴⽊泰堂

Ryusuke Homma

スクエアクリニック副院長/
日本抗加齢医学会専門医・評議員/
米国抗加齢医学会フェロー/
日本医師会認定産業医/
日本内科学会会員/
米国発達障害児
バイオロジカル治療学会フェロー

Profile

聖マリアンナ医科大学医学部大学院医学研究科修了。
自身が原因不明の重度の疲労感に苦しんだことをきっかけに、アドレナル・ファティーグ(副腎疲労)の提唱者であるウィルソン博士に師事。
日本で最初に副腎疲労外来を開設。
近年は、副腎疲労治療を応用し、認知症状や自閉症など脳のトラブルにも治療効果を上げており、遺伝子検査や腸マネジメントをスポーツ分野に応用させる研究もライフワークとなっている。
近著 『やる気がない!落ち着きがない!ミスが多い!子どもの「言っても直らない」は副腎疲労が原因だった』

back
鈴⽊泰堂

Yusuke Takahashi

Founder and CEO, AppSocially Inc.

Profile

慶應義塾大学総合政策学部卒業後、同大学大学院政策・メディア研究科博士課程単位取得退学。
博士(政策・メディア)。サンフランシスコ、東京、ハノイのメンバーとともにChatCenter AiおよびTruffle AIを開発し、チームとしての、テクノロジー、人工知能、データサイエンス、UXデザイン、心理学等の専門的知見と経験から、企業とそのお客様のコンバージョンに関連した会話の効率化と自動化を支援中。
サイクリング・ロードレーサー。ウルトラトレイル・ランナー。
「Hooked ハマるしかけ」翔泳社 監訳

back
鈴⽊泰堂

Toshikazu Miyamoto

CLO/国際弁護士/
弁護士法人One Asiaパートナー

Profile

オハイオ州立大学ロースクール博士課程修了。
日本、米国および香港におけるクロスボーダーM&Aに加え、戦略的予防法務に注力し、数々の国際法律事務所においてパートナーを務める。
2019年 株式会社ポジティブ社外取締役に就任。
自身もランナー、トライアスリートとして毎日トレーニングに励んでいる。
法曹資格としては、外国法事務弁護士(東京弁護士会) 、ワシントンD.C. 弁護士 、シンガポール(外国法弁護士) 、香港(外国法弁護士)。

back
鈴⽊泰堂

Toru Shimase

Root代表/株式会社ステラ環境 代表取締役/
DAS株式会社 COO/NPO 法人 greenbird 理事/
NPO法人 富士山世界遺産会議
エグゼクティブプロデューサー

Profile

慶應大学法学部卒業。
株式会社博報堂を経て、2005年株式会社ルートを設立。
営利、非営利を問わず、様々なプロジェクトの立ち上げ、運営に携わる。
「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」を信条としている。
好きなことは、スポーツ、旅行、食べること、車(ドライブ)。

back
鈴⽊泰堂