300 CLUB

“マジックナンバー3の法則”
人間は「3」という数字に対し、安定していてちょうど良いという感覚を持つと言われています。
デポルターレクラブは、各界第一線でご活躍されているエグゼクティブ層のクラブメンバー、約300名様で構成されています。毛利元就の三本の矢の逸話然り、イギリスに本拠地を置くと言われている300人委員会(別名オリンピアンズ)然り、さらには、300 にちなんだ名前の超名門ゴルフクラブ等々、現代でもビジネスやクラブ運営組織上ではちょうど良い数字。
ワールドクラスなデポアスリートの活躍からいただく勇気、彼らを間近で応援できることの喜び、そしてクラブメンバーの皆様から頂戴できる情報、ネットワークは我々のかけがえのない財産です。

A-TOM

欧米のコートヤード(中庭)文化を日本流にカスタマイズし、緑豊かなセミパブリックの空間で、くつろぐ人、仕事をする人、カラダを動かす人、暮らす人がボーダーレスに交流する−−。株式会社アトム様が運営する「コートヤードHIROO」は、 敷地内にスタジオやレストラン、ギャラリー、コワーキングスペースなどを備え、新しい暮らしのあり方を発信し続ける「都会の中庭」です。

デポルターレは2014年5月、株式会社アトム様とともに「コートヤードHIROO」にて「ホリスティック・ヘルス」スタジオを創設。パーソナルトレーニングジムで培ったノウハウから生まれた最新スポーツ科学と、長い歴史に裏付けされた東洋の智慧を掛け合わせ、独自のトレーニング手法を確立し、たくさんの方々へ心身の健康をサポートしてきました。 2019年1月より、会費を据え置いたまま、月の利用回数を4回から6回に変えるなど、会員の皆様の健康に少しでもお役に立てるよう、規約を変更しました。また、ヨガの枠にとらわれないオリジナルのプログラムも次々と導入。会員の皆様には、体の変化を確実に感じられるようになったとご好評をいただいています。

Urata Clinic

SQOL

石川県・金沢市にある「SQOL(スコール)」は、現在、注目を集める予防医療の分野において、医療とトレーニングを連携させた、メディカルフィットネスの最先端施設です。クリニック、人間ドック検診センター、メディカルフィットネス、天然温泉、アロマトリートメント、健康カフェを併設。「医療」を柱に、「運動」「栄養」「癒し」を組み合わせ、人々の健康をトータルにサポートしています。

2019年、デポルターレは「健康PDCA」という考えを確立。予防医療の概念に基づいてた人間ドックを行い、検査結果を詳細に分析、その結果に基づき、デポルターレが一人一人に最適なトレーニングを指導するという「健康PDCA」のメソッドを開発しました。そして、このサイクルを習慣化させ、効率的に運用していくための“ハブ”としての役割をSQOLに期待し、デポルターレは2019年より、同施設とパートナーシップを締結しました。

現在では、SQOL内トレーニングゾーンの人材育成およびトレーニングメニュー開発などの分野でも、業務連携を開始。デポルターレが主催する100時間トレーナー研修を修了したトレーナーが、月80〜90本のパーソナルトレーニングを行っています。SQOLの施設間でお客様の健康情報をスピーディかつ多面的に伝達・共有できるようになり、収益面でも貢献しています。

ASICS

ASICS Sports Complex TOKYO BAY

2019年11月、世界最大級※都市型低酸素環境下トレーニング施設(東京都江東区豊洲)がグランドオープンします。このプロジェクトは株式会社アシックス中期経営計画 “AGP2020” のコア戦略「差別化されたイノベーションの創出」のキーアクションプロジェクトで、「モノ売り」から「コト売り」へのチャレンジ事業として開始します。

TOKYO2020の選手村に隣接し、今後、東京のみならず日本の健康産業を牽引するエリアである豊洲にオープンする当施設は、総面積1,500坪、50mプール、25mプール、フィットネススタジオ、大小2つのジムエリアなどを有します。

デポルターレクラブは、ジムエリアにおけるトレーニングのトータルコーディネートおよびフィットネススタジオの運営を中心として業務委託契約を締結しました。世界でも類を見ない大型低酸素ジムにおいて、新しいトレーニングイノベーションを推進します。

※都市型低酸素環境トレーニング施設として、
2019年8月時点、アシックス調べ。